名刺=名前と連絡先を知らせるもの
その概念を変えてみませんか?


ビジネス上、初対面の席では必ず名刺交換をするのが日本のカルチャーです。そのせっかくの機会を無駄にしていませんか。名刺交換をビジネスチャンスに繋げる方法があります。

会社名・役職・氏名・連絡先といった決まりきった内容しか掲載していない名刺では、後から見返してみても「どんな人か」「どんな分野に強みがあるのか」といった実際のビジネスに繋がる内容は書いていないので、当時の記憶だけが頼りになります。

そして、もし思い起こしてもらえなければ、もう名刺は塵と同じ・・・。

そこで、二つ折り名刺をお勧めします。
二つ折り名刺なら、書けるスペースは2倍、営業効果は倍以上です。

表面は普通の名刺と同じ基本情報のみですが、中面を使うことでプロフィールや会社のウリを表現することができます。初対面のお客様との話のきっかけ作りにも一役買ってくれます。

会社の特徴を見て、受注に繋がるというメリットはもちろんプロフィールを見てみたら同郷だった、趣味が似ていた…など、思わぬ共通項で話に花が咲くことも。

まだ二つ折り名刺を作ったことがない、という方はぜひ名刺テンプレートを活用して、一度その効果をお試しください。